バカバッドギター最終公演

【人本のデストピア】

2017年7月15日〜17日
上野ストアハウスにて



Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
<< 「俺の能力」 | main | 「それは世界一最低なミサイル」 >>
「時をかける俺」
たまに思うんだが、もし俺にタイムスリップ能力(タイムリープ、とも言いますね)があったら、銀色のピカピカの服(レインコートとか)を着て昔の日本に行き、

「私は21世紀から来た未来人だ!」

ってやってみたい。
「未来の世界ではみんなカプセルみたいなうちに住んでて、ロボットを召使いにしてる」とか「食べ物は合成食料だが割とうまい」とか「火星人とはうまくやってるよ」とか言って、人心を混乱させるのだ。

楽しいぞ〜、と思うのだが、ひとつ大きな障害がある。「まず、どうやって俺を未来人と納得させるか」だ。

この作業を怠ると「単なる頭がおかしいオッサン」という事になり、いきなりゲームオーバーだ。一番いいのは、PSPとかi-podとかアシモとかの、説得力あるブツを持参する事だが、あいにく俺はそのどれもを持ってないし、電池が合わない、等のトラブルも十分考えられる。
こう考えると、「生身で説得力のあるサムシング」を持つのが一番、て事だ。

たとえば、これから起きる事をバンバン言い当ててみる、とかって、かなり説得力ある気がするが、ん〜、難しいな〜
高校の時の歴史のテストで友人が30点を取り、「ダメ」と大きく書かれて返って来た答案用紙を指差して笑ってたら、俺のは18点で、
「ダメ!ダメ!ダメ!こんな事でどうするか!」
とさらにデカデカと書かれてた俺だ。
「1467年に応任の乱が起こるよ」とか「徳川は意外と長く持つよ」くらいしか言えない。
ん〜!この未来人の俺が、昔の人に勝てるのは何もないのか!と考えて、「これしかないかぁ…」といつも頭に浮かぶのは

「紙を一回ひねってくっつけて、メビウスの輪を作ってみんなをびっくりさせる」
「指をくっつけたり離したりするマジック(?)でみんなをびっくりさせる」
等といった、面白マジックなのであった。

ん〜、でも過去の人々が面白マジックで、俺が未来から来た事を信じてくれるかはかなり謎。むむむむむ…


| 座長の国から07 | 10:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
頭のおかしいちょっとおもろいおっさんになっただけじゃん…
| あき | 2007/12/04 8:04 PM |
歴史の教科書をカンペとして持っていけばいいのでは?
| (・ω・) | 2007/12/04 9:31 PM |
江戸時代とかなら電動ガンでいいんじゃないっすか?
江戸初期なら連発式の銃なんてないし
| world | 2007/12/04 11:07 PM |
>あきすた
らいら〜ピロピロピロピロ!(頭のおかしい、おもしろいオッサンのイメージ)

>さゆり
ま、そーなんだけどさ、歴史の教科書レベルだと間隔広すぎて使えないと思うのよ。
数十年に一回だけ当る予言、みたいな。やるなら昭和30年代とかに古新聞持ってって片っ端から当てまくる。俺、予言者。YO!(調子に乗ってる!)

>YO!
だから持ってないっつの。
| ざちう | 2007/12/04 11:26 PM |









http://blog.bakabad.com/trackback/713491