バカバッドギター最終公演

【人本のデストピア】

2017年7月15日〜17日
上野ストアハウスにて



Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
<< 「(真)リバーシブル」 | main | 「松サン」 >>
「カップ焼そばは生き残る事ができるか(ちはテレビでガンダム再放送見ながら)」
カップ焼そばの「かやく」を入れるのを忘れてしまい、ガリガリ食っていたら歯がかけました。ブルーだわ…

そもそも「カップ焼そば」はその構造自体に大きな問題があるのだ。だいたい「焼そば」と銘打っているのに焼いてない。看板に偽りありだ。
でも、仮にこれが「ゆでそば」って名前だってら売れないだろうなあ。なんか食べる前から伸びてそうだ。
という事で、新商品をかんがえてみた。

・「カップハンバーグカレー」
レトルトのカレーは結構出てるが、それだけだとなんか物足りない、という問題もこれで解決!カップの中にレトルトのごはんとカレー、ハンバーグが入って250円!え?もうある?ありそうだな。

・「カップチーズフォンデュ」
湯を注ぎ三分待ってフタを開けると、そこにはなみなみととろけたチーズが。あとは好きなものをつけて食べるだけ!(注、「好きなもの」はついていません。シャーの人形も入ってません)

・「カップ焼き魚」
カップ焼そばと同じ発想。おっ!これはいけるんでない?メザシみたいなのを入れといて、湯を注ぎふやけた所を食う。俺は買わない。

・「カップ肉」
お湯を入れて三分待てばホカホカの「肉」が!パッケージには「肉100%」と明記してあるし、これは安全!なんですか。何か文句あるんですか。

…でもカップ焼そばって、あの完成度の低さ込みで愛されてる気もする。もし新商品で、完全に再現された焼そばが出てもアレはなくなんないだろうな。
ちなみに私は、毎回途中で気分悪くなるのを承知で「ペヤング超大盛り」をよく食べてます。限度を知れ、限度を!多いんだよ(←それが売り)!
| 座長の国から04 | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.bakabad.com/trackback/56135