バカバッドギター最終公演

【人本のデストピア】

2017年7月15日〜17日
上野ストアハウスにて



Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
<< 「シイッッット!!」 | main | 「ダマサレ」 >>
「喧嘩ラーメン」
坊主が走ると書いて師走である。しかし坊主が走るのは見たことないなあ、だいたい坊主ってどんな理由で走るんだ?そもそもいい歳したおっさんが走るのって見ないよ、見たいよ、って事で師走である。

最近近所にラーメン屋ができた。
「安い!」のみが売りで(豚骨ラーメン200円!)待たされる、メニューは間違える、店長らしき不潔そうなデブは店内でタバコを喫う、ラー油は店内に一個だけ、レンゲはセルフサービスで取りにいかなくちゃいけない、と笑っちゃうくらいのダメっぷりなのだが、最近結構通ってるのにはワケがある。

オープン翌日、始めてそのラーメン屋に入った時、まずその異様な空気に少しひるんだ。
「何やってんだよバーカ!」
「客に勝手に席変わんなつっとけ!わかんなくなるだろ!」
「はい、ラーメンお待ち…」「もう来てます(客)」「2番席だよバーカ!」
意味なく店内をウロウロするだけの使えなさそうなホール係、言葉のわかってなさそうな中国人女性、当然のようにたまってゆく客。客を無視して怒号飛び交う店内、客はシーンと静まりかえっている。迫力に押されている、というかどん引きだ。小さい子と一緒の家族連れもいたのだが、子供まで空気を察して小声で話している始末。

あまりの惨状にはじめは一緒になって引いていた私であるが、そのうち楽しくなってきた。これはショーだ!
途中から私は、フラフラとぎこちない手つきでラーメンを運ぶバイト君に、「転べ…転べ!」と悪魔のような念を送っていた。

せっかくオープンしたお店が、あっと言う間に閉店するのもアレなので、私なりに対応策を考えてみた。

・店名を「喧嘩ラーメン」とする。
・時間を決め、店員による「喧嘩ショー」を行う。
・一週間に一度シナリオを入れ替える。(「バイト君、大失敗」「ミンホア(中国人女性)との恋」など)
・ラーメンは、二の次。

おお…見える、見えるぞ!店頭には「本日のショーは2時からです」と書いたフダ。頼んだラーメンを食いもせずショーに夢中になっている客の上気した顔。飛び交う怒号。血!汗!

「お前今週の『喧嘩ラーメン』見た?」
「いや、まだ!」
「スジ教えてやろうか?ミンホアがぁ〜」
「言うなよ!今晩行くからさ!」
「あの〜私攻略本持ってますけど…」
「おおぉっ!」

…みたいな。頼まれたらタダでシナリオ書いてやるぞ。ん?
| 座長の国から04 | 02:18 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.bakabad.com/trackback/56122