バカバッドギター最終公演

【人本のデストピア】

2017年7月15日〜17日
上野ストアハウスにて



Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
<< 「ランバラル」 | main |
「エルメス」

シャア「ではララァはよくやってくれてるから専用のMAをあげよう。」

ララァ「MAってなんですの?大佐。」

シャア「モビル・アーマーの略だ。まあ簡単に言うと、"早くて強くて、ちょっと変な形のロボット"みたいな事だな」

ララァ「"モビ〜ル、モビ〜ル、ストップ!!どうだ、この辺にストレッチパワーが溜まってきただろう"の、モビールですか?」

シャア「全然違うぞ、ララァ。(デッキにツカツカツカ)ほら、これだよ。」

ララァ「ずいぶん大きいですね。でも花のツボミみたいでかわいい…このMA、なんてお名前ですの?」

シャア「エルメスというんだ。」

〜ララァの顔が曇る

シャア「ニュータイプのララァ専用に開発させたMAでね、ウリはあのけん玉みたいな形の…ビットと言うんだが、あれがララァの精神と感応して思い通りに動かせるんだ。あと、しっぽには僕のゲルググを掴まらせて飛ぶことができてね…」

ララァ「大佐」

シャア「何だね」

ララァ「大佐が名前をつけたんですね?あの、緑色に。」

シャア「ああ。僕が名付けた。高級感を感じる高貴な名前が良いと思ってね。高級感、高級感…と頭の中で考えていたら、テキーン!って閃いたんだ。エルメス!って。」

ララァ「その名前は、すでにあります。」

シャア「うそぉ?!」

ララァ「ほら見てください(カタログを見せて)。エルメスは高級バッグとか貴金属のメーカーですよ。何が"高級感、高級感"ですか。それは閃いたんだんじゃないんです。大佐が何となく頭のすみに記憶してたのを思い出しただけなんです。
想像して見てください。私が大佐専用のMSをデザインして、"なんか早そうな名前がいいな"と考えて"大佐、これが大佐専用MS、らんぼるぎーにです"って。で、機体にスプレーで"らんぼるぎーに"って。」

シャア「中学生が自分の自転車に名前をつけたりするあれと同じだな…」

ララァ「そうです。"ララァ専用MAグッチ"とか、"ララァ専用MAユニクロ"とかと同じ感じです。
例えば、大佐がお芝居をやろうと思って、まず"ハナ"という登場人物のお名前を思い付いたとしましょう。それで"もう一人の主人公はハナと対になる印象的な名前がいいな"とお考えになり、毎日"ハナと…何がいいかな、ハナと…ハナと…"って。そしてある日"ハナと小箱だ!"って。
"はなとこばこ"はもういるんです。"番頭はんと丁稚どん"とかを書いてる作家さんですよ!頭のすみに記憶してたのを思い出しただけなんです!
気づいてしまったその日から毎日、誰かにつっこまれないか、ビクビクして過ごす事になるんです。名前をつけるときにはちゃんと調べてからにしてください。閃いちゃった場合はだいたいこれですから。」

シャア「ごめん…」

ララァ「わかればいいんです。じゃあ暫定的にこれは"ララァスン専用モビルアーマー"って名前にしときますから。」

シャア「なんかカッコ悪い…」

ララァ「ちゃんと考えてくださいね。じゃないとプラモデルが出たとき、"ザク、ズゴック、ゲルググ、ララァスン専用モビルアーマー"っておもちゃ屋の棚に並ぶ事になりますからね。全くもう。」

シャア「わかった。」

◆◆◆◆
エルメスは近所の模型屋でばあちゃんに買ってもらったので、「エルメスください」って言ったんだろうな、と思う。それで「今日おばあちゃんにエルメス買ってもらった」って親に言ったんだろう。
親「はあっ?!」て思っただろうな。
| 座長の国から19 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.bakabad.com/trackback/1031708