バカバッドギター最終公演

【人本のデストピア】

2017年7月15日〜17日
上野ストアハウスにて



Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
「2014年最後の失敗」
141230_2100~010001.jpg
実家帰ってます。
中身よく見ないで買ったお土産が「賞味期間12月30日(既に過ぎてる)」っていうので、朝から親戚周り。

去年姪が産まれた妹夫婦の新居に向かう。
「みうちゃん(姪)、立てるようになった?」
「いや、まだつかまり立ち」
「オムツはしてるよね」
「そりゃしてるよ(笑)」
みたいな話しながら向かってる途中親が「来年から値上げするから紙を買うわ」とホームセンターへ。珍しく朝飯を食った俺は牛乳で腹がゴロゴロしてたのでトイレに行く。
トイレに行くまではだいぶ余裕があり、余裕でタバコとか吸って、店内ブラブラ見ながらトイレについた瞬間刺すような痛みが。ドアを開けた瞬間、目に飛び込んできたのは和式便所。頭は洋式を想像していたので、数十センチの差がでかく、まあ今年最後のブログなんで美しく俳句で表現すると

〜朝早く
下着の中で漏らしけり〜

芭蕉

みたいな感じだった。売り場に戻って店員さんに「パンツ置いてますか」と聞くと「オムツは置いてます」って。
俺なんかもうオムツはいてればいいような気もするが、妹夫婦のとこ行ったあと
「お義兄さん、なんかウンコ臭かったよね」
「みうちゃんかと思ったけど違うよね」
みたいな会話をさせるわけにはいかないので売り場にいた親に

「ウンコを漏らした」

と素直に報告して、うち帰って尻洗って出直す事になる。
妹夫婦のうちで「今みうちゃんこれが大好きなんだよ」って、教育テレビの「いないいないばあ(子供向け番組)」で流れてる

「ウンコをひとりで上手にやれる歌」

みたいなのを、妹夫婦とみうちゃんでノリノリで「うんちっち♪うんちっち♪」と歌っていたが、多分うちの親はそれ見ながら

「うちの息子(44歳)もまだ上手にウンコ出来ないのに…」

と思っていたに違いない。はあ。
ということで来年の抱負。

「上手にウンコできるようになる」

うんちっち♪うんちっち♪(はあ…)
| 座長の国から14 | 17:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
「筋肉まつり」
ファイル01120001.jpg
スーパーの惣菜コーナー見てたら、ウロウロしてたおばちゃんがくるりと振り返り、
「ソースはないのかしらねえ」
って聞いてきたので見てみたら醤油の小袋しかない。「ないみたいですねえ」って言ったら
「困るわねえ。揚げ物にはやっぱりソースよねえ」
って。多分このおばちゃんには「他人」って概念がないんだろうなあ、って思った。ちなみに俺はケチャップ派です。

◆◆
昨日プラモ作りながら何気なくテレビ流してたら「筋肉番付」みたいなのやってた。
みんな知ってると思うので詳しい説明は省くが、スピードやら筋力やらを競う「体力測定の豪華版」みたいな番組である。
池谷とか魔裟斗とかが「レジェンド」って言われてて、若者世代のレジェンド越えと、レジェンド達の老い、身体の衰えとの戦い、みたいなのを中心にテレビ的に煽ってる感じだった。
気になったのは後半、あとがなくなったアスリート達が、競技前に着ていた服を脱ぐ
→「おお〜っ」と観客どよめく
→司会者が「ここで脱いだ〜!ごらんくださいこの筋肉美!」
みたいな展開を毎回毎回やってた事。
アスリートは競技のあとはきちんと服着て、次の競技の時にはまた
「ぬぎっ!」「おお〜っ!」「ごらんください!」
を繰り返す。まあアスリートも競技終わったら寒いし、毎回気合い入れるために脱ぐ、ってのも善意的に解釈すればわからんでもないが、なんとなく

「アイドル水上の大運動会(ポロリもあるよ)」

みたいのを思い出した。優勝したエグザイルのメンディさん、ってアスリートが

「ほんとゲイの人が好きそうなそっち系のルックスで」

番組側もそっち系の視聴者へのサービスも考えて作ってるよな、これ、って思って見てたら楽しくなってきてアナウンサーが「おお〜っ!ごらんくださいこの筋肉!」って言う度に

「それにしてもメンディエロい!この大胸筋の上にポッチリそそり立つピンク色の乳首をごらんください!観客総立ち!私の愚息も総立ちであります。メンディメンディ、メンディ〜っ!」

みたいのを勝手にアテレコして遊んでた(1人で)。
メリークリスマ〜ス♪
| 座長の国から14 | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
「あなたにもメリークリスマスわたしにもメリークリスマス」
ファイル0111.jpg
休日出勤する前に本屋寄ったら「妖怪ウォッチマグネットなんたらブック」ってのが二千円くらいで出てて、要は背景(変えられる)が鉄製で、磁石仕込んだ妖怪をペタペタ張り付けて遊べるようになってんだが、

「よく知らない妖怪たくさん入ってるし」
「ビミョーに高いし」
「…でもちょっと欲しい」

とレジ前をウロウロウロウロしてて、おそらく店員さんからは「あ、このパパはお子さんへのクリスマスプレゼントを選んでるんだわ。妖怪ウォッチ、今大人気なんですよ、お子さん喜びますよ」って心の中でエールを贈られてたと思うんだが、迷いに迷った末俺がレジ前に持ってったのは

「乙女の帝国/7巻」

って言う(女の子がイチャイチャしてるだけ、っていう大変俺が好きそうなマンガ)、店員心の中で
「パパ!違う!自分の趣味じゃなくお子さんへのプレゼント優先して!それはいつでも買えるから!坊やの今年のクリスマスは一度だけだから!!」
って思われてたと思う。
違うよ!どっちも俺用だよ!レジの女の子もそんな事思ってないよ!
「ダーリンとイチャイチャしたいのにバイトたりーなー」とかだよ!
この本屋にはなんか優雅な動きをするくせっ毛のデブの、俺が心の中で

「ハイドン」

って呼んでる店員が仕切ってるので行く度ちょっとイライラする。
| 座長の国から14 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
「よく知らない」
えーと、妖怪ウォッチプラモ「ロボニャン」四体目ポチりました。
おんなじプラモ四つ目です。ちょっと異常だってのは自覚してます。最近悪い癖が出だして

「同じのが並んでるのってかわいい」

ってのを発見してしまい、こないだブログで「UFOキャッチャーでジバニャンのフィギュア八千円くらいかかってゲットした」って書いた翌日にアキバ(魔都)に行った時、1200円で同じの売ってて

「8000円のジバニャンが1200円に?!」

って迷わず購入していまい(間違ってる)今会社に一体、枕元に一体います。ロボニャンもそんな感じでいつの間にか四体(フル改造&フル塗装)。これからローソンに取りにいきます。たくさんいるのかわいい。

会社でも机の上は妖怪ウォッチグッズでぎっしりなんで、たまに好きな人が「妖怪ウォッチ好きなんですね〜私も第○○話のなんとかがかんとかでなんとかかんとか…」って話しかけられたりしますが、

「よくわからない」

テレビシリーズなんて一話も見たことないし、妖怪の名前も10こくらいしか知らない。見た目が好きなだけでグッズが欲しいだけなんす。
会社にお菓子コーナー(社員の福利厚生?のために社長が仕入れてきてくれる)にこないだから

「妖怪ウォッチゼリー」

みたいのが入ってて、あきらかに俺狙いなんだけど俺があまりにも買わないので社長が俺のとこに
「片寄が買わなきゃ誰も買わないだろ。値下げもしただろ。なんで買わないのよ」って直談判きましたが

「だっておまけついてないじゃないですか!シールとかついてれば買いますよ!」

って反論しました(44歳vs47歳)。
ガンダムもそう。ロボは見ないで書けるくらい覚えてるし、フィギュアはコンビニ回ってほぼコンプしてるけど

「本編を見てない」

だから好きな人が集まって「あの○○のシーンの××のセリフ熱いよね」みたいな話になると、あっという間についていけない。だって興味ないもん。ロボットありき、妖怪ありきでしょう(逆に言うとロボット、妖怪以外興味ない)。
だから好きな人と話してると
「片寄はニワカだな」
「そんな好きなわけじゃないんだな」
って思われてると思うけど、

「お前らが思う以上に、そしてお前ら以上にハマってるし金もかけてるわ〜!」

と、言いたい。たとえると

「身体だけが目的なんだけど世界で一番お前の身体が好き」

みたいな感じ。うん。ああっ!!たとえなきゃ良かった!たとえなきゃ良かった!
| 座長の国から14 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
「新種のサンタ」
ファイル01070001.jpg
周りが「サンタさんなんていねえよ」って言ってもどうしてもサンタさんの存在を信じていたい子がいて、そのまま大人になって、大学の研究所入って「サンタさんはいるんです!」ってテレビで泣きながら会見とかやっても世間の風は冷たくて、

「わかりました。じゃあ私は私なりのやり方で子どもたちの夢を叶えたいと思います」

って大学やめて私財を投げ売ってどう考えてももらえるはずがないのにプレゼントをもらった子ども達の話を集めて回って聞き取り調査をしていくうちに
「プレゼントをもらえないのが悔しくて自作自演」みたいなやつとか

「幼女好きな近所の変態おじさんが部屋に忍び込んで寝ている隙にプレゼントをおいてついでに写真を撮ったり変態行為に及んだり」

みたいな事実が浮かび上がって、その度にむしろ、まだ信じてた人々の夢をことごとく壊していって、周囲からは「人でなし!」「STAP細胞(サンタを信じていたい・たくさんの人々の夢を・あっという間に踏みにじる・プリティーで・細い小保方さんを・胞みこんであげたい)!」とか色々言われるが(「包む」って字違うけどね)、その中で信憑性のある話を追っているうち、「サンタらしき存在が残した痕跡」とか「サンタの足跡」とか「サンタの糞」とかから、

「ヒマラヤ奥地に生息し、全身真っ赤であごの周りと腹周り、手首だけ白い毛が生えており、12月がその繁殖期で巣にためこんでいた珍しい物を雌の巣に投げ込んで気を惹こうとする」

「サンタザル」

みたいなのを発見してしまい、それはそれで子ども達の夢を壊す、みたいな話。
サンタさん、俺今年は「黒ヒゲドッキリジバニャン」が欲しいです。まあそのうち多分買うけど。
| 座長の国から14 | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
「王として」
週末金木が歌う、て言うので浅草のジャノメへ。
女性三人のイベントで、ボーカルの一人が「この歌はなんとかかんとか(忘れた)の歌です。皆さん最近ドキドキした事ありますか?」ってMCで聞いたら客できてたおばあさん二人組が

「階段をのぼる時に…」
「急に立ち上がったりすると…」

ってブツブツ言ってた。
違う。それじゃないんだ…

◆◆◆◆
昔、王様とかえらい人が死ぬと「あの世でも不自由しないように…」ってお金入れたり武器入れたり、奴隷を一緒に埋めたり、ってのがあったらしいじゃん。あれって

「自分が王様だったらやだな…」

ってのが今日のテーマ。
たとえば俺がある日ポックリ逝って、誰かが言い出したとしよう。

「あの世でカタチンが芝居やる時困らないように役者を一緒に埋めましょう」

って。その時、佐野を埋めたり上野を埋めたり、M島さんを埋めたりはしないと思うんだ。なぜなら

「そのあと公演をやるのに差し支えるから」

おそらく、いてもいなくてもどっちでもいいような役者を埋めると思うのね。おそらくウッチーあたりが
「滑舌の悪い役者ギルド(ウッチーはそこに所属してる)に声をかけて、滑舌の悪い役者を集めてみるよ」
とか言い出してみんなが力を合わせて、選りすぐりの滑舌の悪い役者とか 、体のキレが悪い役者とか、段取りの悪い舞監とかが集められて嫌々埋められるんだと思う。そんなだから俺があの世で台本書いて、「皆の者、台本ができたぞ。」って呼びかけても

「やだよ。俺つかやりたい」
「私は夕鶴。」
「お前のせいで俺ら死んだんだからお前パシリやれよな」

って「鶴でしゅがとうとうのじょいてしまいましたね(滑舌)」
「えーと、照明はこっちに吊るから、ごめん!パンチ一回はがして!(舞監)」
みたいな感じになって、俺は歯噛みしながらほか弁買いに行ったりするんだろう。これだったら1人で死んだ方が数段ましだ。

そもそも、奴隷なんて虐げられてる存在なわけだから王様に対してよく思ってないに決まってる。
「さあ埋めるぞ」って時になって絶対「くそ!お前ら呪ってやるからな」「王家が滅びますように!」みたいな嫌〜な感じで埋められるだろうし、ヤンキーが転校する時に仲間のヤンキーが

「お前が向こうの学校行っても番長でいられるように」

っていじめられっ子を百人くらいつけられて送り出されても困ると思う。むしろいじめられる。
という事で、もし俺が死んでも余計なものは一緒に埋めないでください。ちなみに俺が最近ドキドキした事は

「UFOキャッチャーに20センチくらいのジバニャンがあって、7000円くらいかけてようやくグラグラするまで持ってったのに手持ちの金がなくなってゲーセン向かいのファミマへダッシュ」

かな。もしその間に誰かがジバニャンを落としてたりしたら、泣きながら訴えてたところ。返して〜返して〜、って。超ドキドキした(8000円くらいで取れました)。
| 座長の国から14 | 00:14 | comments(1) | trackbacks(0) |
「吉野君のインプロ」
早起きしてロボニャンのプラモデル(三体目)を作る。
今日は吉野君が出るインプロイベントの日で、俺は昼の部に予約してたんだが、やすりがけが楽しくて

「プラモのやすりがけが楽しくなってるので行けません」

ってメール打って今日は1日プラモ作るかな、と思ったんだが 「いい大人(44歳)がそれじゃあいかんだろう」と思い、重い腰を上げる。

間違えて山手線を逆走して、開演5分前に会場つく。会場は入った瞬間、前にうちで飼ってたインコの鳥かごみたいなにおいがして、さっそく帰りたくなる。主催が出てきて今日のイベント内容を伝える。そのシステムとは

・16人の参加者を任意2人ずつ分け、8組のチームを作る(当日初めて顔を合わせるチームもあった)
・二組が出て、会場の客の安価等で交互に即興劇を披露する
・終了後、会場の客の拍手の大きかった組が勝ち上がり、トーナメント方式で優勝チームを決める。
・バトルで負けた組は勝った組にサポート要員として吸収される。つまり最終的には8人vs8人の大所帯なインプロ対決になる(実際は人多すぎるので6vs6でやってた)

俺はインコのにおいと、出演者が和気あいあいとしてるのとで帰りたくてたまらなくなってる(悪い癖)のだが、先発の一組目が客にお題(「駅前広場」だったかな)をもらって一瞬考えた後、すっ、と手を挙げて照明を落としてもらい即興劇を始めた。
「“駅前広場”なんて広げにくいネタを…」って思って見てた俺は息を飲む。
偶然再会した、ってはじまりでドンドン話をふくらませていく2人。思わず「すげえ…」って声が漏れる。あと息をのんだ理由がもうひとつ。

「演者が昔つきあってた子にそっくり…」

はじめてディズニーランドに行ったYさん…
はじめて女の子の部屋に上がったYさん…
「なんかうち変なにおいがする。ジャガイモ腐ってるのかも。ごめん…」って言われて原因つきとめたら俺の足のにおいのせいだったYさん…(最低)

最後、吉野君チーム(吉野君は一回戦で敗退してしまいサポート要因で頑張ってた)と勝ち上がってたYさんチームでバトルだったのだが、俺が精いっぱい手を叩いたのはYさんチームだった。ああYさん…

思いのほか楽しかった。また機会あれば見に行きたい(Yさんを)。
| 座長の国から14 | 01:35 | comments(5) | trackbacks(0) |
「ガチャガチャバンド」
子供の頃、聞くと100%テンションの上がる歌があった。
うろ覚えだけど歌詞を書いてみる。

♪そ〜れみんなみんな集まれガチャガチャバンドだ。
はじめは手慣らし(手鳴らし?)調子合わせ
ほーらなんとかかんとか…(ここんとこ覚えてないので中略)

バベビボ〜バベッビブゥ〜ウ バーベビッボベッボブゥ〜
バベビボ〜バベッビブゥ〜ウ バーベビッボベッボブゥ〜

バッベビッボバッベビッボブゥ〜
バッベビッボバッベビッボブゥ〜♪

って曲。なんだその歌!何が言いたいんだ!って思うのだが、小学校の体育祭では何曲かに一度この歌がかかってた(BGMループさせてる)。そいでこの歌がかかる度に俺は

「上がりすぎたテンションをどうする事もできず、自分の膝を真っ赤になるくらいバチンバチン連打する」

といった奇行を行ってた。なので体育祭の終わったあと、だいたい俺の膝は内出血おこしてまだらになってたし、指は鬱血して青黒くなってた(体育祭は嫌いだったので、退屈しのぎに輪ゴムを指に巻いて冷たくなってくのを楽しむ、って遊びをいつもやってた)。

それから一度も聞いた事なかったんだが、昨日仕事中にふと思いついてYouTubeで検索してみた。
「テンションが上がりすぎて膝をバチンバチン叩き始めたらどうしよう」と不安だったんだが、ドキドキしながら再生してみると

「バベ!」「ブゥ〜」「バベビ!」

って、おっさんがウケを狙ってふざけて歌ってるみたいな歌が流れてきた。怒りを覚えた。
何曲か別バージョンがあったので全部聞いてみたのだが、俺の膝を叩かせるには程遠いものばかりだった。

違うんだよ!女の人が歌ってるやつで、もっと軽快な感じのやつなんだ。
子供が合唱コンクールで歌ってるバージョンもあったので、合唱曲なのかな。
詳細知ってる人、情報求む!
| 座長の国から14 | 13:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
「新番組“丸鶏のコンフィ”◆
ファイル01000001.jpg
【第ニ羽/コンフィ遭難する】

子供達が崖で膝を抱えて座っている。コンフィも膝を抱えて座っている。

タモツ「おいタダシのせいだぞ。お前が自生している大麻見つけたりなんてするから」
タダシ「うるせえ」
サトル「タダシはいつもそうさ!いつもそうやって僕らをトラブルに巻き込むんだ!」
タダシ「うるせえよ!」

「グゥ〜」みんなの腹が鳴る
全員「でも、腹減ったなあ〜」

タダシの言いつけ通り大麻のつぼみから溢れる蜜を集めていて(そうやって作られた大麻樹脂は大変高価で取り引きされます)崖崩れに巻き込まれたコンフィが口を開く。

「食べ物ならあるよ」

ゴクリと喉を鳴らすクラスメート。
「ホントは黙ってるつもりだったんだ。みんな僕の事いじめるしさ。こないだも…」

みんなコンフィの姿が空腹でぼやけてきて皿の上に乗ってるコンフィの姿が幻で見えている。
今日のコンフィは、まずいことによそ行きのピカピカ光る銀色のブーツをはいているので、それがさらにコンフィの食べ物らしさを助長している。

コンフィ「でもやっぱりみんな友達だからさ、さ、みんなでわけようぜ。最後のひとかけらだよ。」

そう言ってリュックサックからチョコレートのかけらを取り出すコンフィ。全員「そっちじゃねえだろ」と無言のツッコミ。

♯次回予告
「May J.だよ?最近寒いヨネ〜。でもMay J.はカラダのぬくもりを与えてくれる人がいるから平気!あ、恋人ジャナイヨ?

コンフィのクラスに可愛い転入生の女の子が入ってくるみたい。ワオ!恋の予感!ささいな事でぶつかりつつ、でも次第にお互い惹かれてゆく二人…次回

“コンフィの気になるあの子”

結局ぬくもりって、妥協か金で買う以外じゃ、手に入んないのよね。はぁ〜あ。
| 座長の国から14 | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
「新番組“丸鶏のコンフィ”」
141129_1805~010001.jpg
♯オープニング“おいでよ丸鶏のコンフィ”

♪今日もあの子は駆けてくよ 丸鶏のコンフィ〜
元気にこの街駆け抜ける 丸鶏のコンフィ〜
みんなが 見つめるコンフィを おいしそうな目で〜

「(セリフ)ぼくは食べ物じゃない!生きてるんだ!」

コンフィ〜 コンフィ〜 元気よく〜
コンフィ〜 コンフィ〜 飛んでゆけ〜
コンフィ〜 コンフィ〜 柵を超えて〜
ほーら 値札が見えてるよ コンフィ♪

【第一羽/ぼくは食べ物じゃない!】
キーンコーン 学校のベルの鳴る音。子供達が学校を飛び出してくる。

子供「先生さよなら〜」
先生「はいさよなら」
子供「先生また明日〜」
先生「はいまた明日。こらこら走らない。転ぶよ。」

コンフィがランドセルを何個も抱えてヨロヨロと教室を出てくる。

先生「おやどうしたんだいコンフィ」
コンフィ「どうもしないさ」
先生「(ランドセルをおろしてやりながら)誰かにいじめられてるのかい?タダシだな。」
コンフィ「野球をやりたいから家にとどけとけって。原っぱはいつも人気だから早くいかないと隣町のやつらに取られちゃうのさ。こないだも…」

先生、コンフィを見ているとグーグーおなかが鳴ってくる

コンフィ「…なんだ。ひどいだろ先生。先生?おなかすいてるのかい?」
先生「え?弁当を忘れちゃってね。あ、いやいや、気にしないでコンフィ。それで?」
コンフィ「ああ。こないだもね、サトルとタモツが…」

先生、おなかがすきすぎてコンフィの姿がぼやけて何重にも重なって見えてくる。

先生「…ゴクリ。コンフィ、お願いがあるんだ。」
コンフィ「なんだい先生。」
先生「先生、コンフィをちょっとだけなめていいかな。」
コンフィ「え?いやだよ!先生変態みたいだよ!」
先生「いや!そういう性的な意味はまるでないんだ!全然。ただコンフィは、おいしそうだなあと…(フラフラ近づく)」

コンフィ、先生の手をバッとはねのける

コンフィ「先生も僕をそんな目で見てたなんて!僕ショックだよ!僕は食べ物じゃない!僕は生きてるんだ!」

タダシ達のランドセルをつかんで走り去るコンフィ

先生「コンフィ!ごめん!先生悪かった!明日も学校来るんだよ!」
コンフィ「(遠くから)今晩お店で丸鶏セットが出なかったらね!!」

「はあ」ため息をつく先生。先生はつぶやく。「腹減ったなあ」

♯次回予告
「株価も冷え切って、文字通り寒い季節になりましたね。コンフィの父、パパンフィです。

クラスメートと遠足の最中、遭難してしまったコンフィ達。助けはこないし、おなかは減ってくる。絶体絶命!
ん?コンフィ!あるよ食べ物!次回

“コンフィ遭難する”

はあ、FXはもうやめよっと。」
| 座長の国から14 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) |